不登校・いじめ ひとりで悩まないで

登校拒否・不登校を考える
夏の全国大会2013 in 関西 プレイベント ~・~・~


    不登校・いじめ
         ひとりで悩まないで



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~



子どもが不登校で、どうしたらいいかわからない、学校でいじめを受けているようなのだけど、誰に相談すればいい? 心配は尽きないでしょうが、悩んでいるのはあなただけではありません。共に考え合ってくれる人達がいます。
この講演会は、そうした不登校などの問題と向き合ってきたフリースクール等のスタッフ、実際に不登校を経験された方のお話を聞いたり交流したりできる場です。今現在お悩みの保護者の方、またフリースクール等の活動に興味のある方々、ぜひ足を運んでいただき、いっしょに語り合ってみませんか?

と き : 2013年5月25日 10:00~16:30(開場 9:40)

ところ : こうべまちづくり会館

参加費 : 1日参加 1500円(学生1300円)
       午前か午後のみの参加 800円(学生700円)

主 催 : 登校拒否・不登校を考える夏の全国大会 in 関西 運営委員会

共 催 : ふりー! すくーりんぐ

 

お申込はこちらから:

http://kokucheese.com/event/index/87650/

■ 基調講演 & シンポジウム ■
(10:00~12:00)



<奥地圭子氏講演会「不登校 30年のかかわりの中から」>


 子どもが学校に行けなくなったとき、首に縄をつけてでも登校させようとしたり、施設や病院にむりやり入れてでも治そうとしたりして子どもが追い込まれた時代がありました。それは違うだろう、でもどうしたらいいのか、親も不安だったり、責められたりつらい思いを抱えたりします。
 奥地さんは、我が子の登校拒否から35年、親の会を作って30年、フリースクールを開設して28年の中で、不登校を受け止め、子どもの気持ちに寄り添う大事さや成長は多様であっていいことを訴え、活動されてきました。
 登校拒否・不登校を考える夏の全国大会が関西で開催されるに先立ち、不登校とは何なのか、何が子どもの未来を開くのか、つながりあう中で見えてきたことをお話しいただきます。


<シンポジウム「そのとき私が考えたこと」>


 子どもが学校でいじめられているとき、友人関係でトラブルが起きたとき、学校に行きたくない気持ちにもなります。しかし、誰もその悩みや苦しみに気が付かないでいる場合もあります。「そんなとき親や子どもは何を考えていたのでしょう?」シンポジストの体験を聴き、その「心の葛藤」について考え、「不登校」に対しての理解を深めます。
宝塚不登校の会「サポート」の石川泰子氏ら、関西の親の会やフリースクールの関係者が登壇します。



■ 分科会 ■ (13:00~16:00) 


 お昼からは参加者それぞれの興味に合わせ、分科会形式で行います。保護者の方々と各地親の会の人たちの交流の場、また不登校の子どもたちと関わる活動に興味のある/すでに関わっている人向け、多様な学びの場に興味がある人向けの場も設けました。


<保護者の方向け>(13:00~16:00)


 こちらの場では、参加された保護者の方々同士、また各地域で親の会を開催している世話人、スタッフの人たちや、午前のシンポジウムでお話しいただいた人たちも交えて交流の場とします。今お悩みのことを相談したり、それぞれのご経験を聞き合ったり・・・。この機会にぜひ、皆様にとって実りのあるご交流をしていただければと思います。


<不登校の子どもと関わりたい人向け>


「子どもとのコミュニケーションについて考える」(13:00~14:30)

 生きづらさを抱えた子、心の傷のついた子とどう接していくのがよいか、フリースクールのスタッフ等、普段から接している人達の話を聞いたり、一緒に考えていったりしてみましょう。


「発達障がいについて」(14:45~16:00)

 発達障がいと言われる人は、人によって受け止め方(感じ方)が周囲と少し違うだけなのです。それを、今まで「個性」だと思って付き合ってきたのではないでしょうか?  ただ、その「個性」が本人にとってつらいことであった場合、周囲に理解してもらうことは大切なことです。その人がその人らしく過ごせるには、どうしたらよいでしょうか? ご一緒に考えましょう。


<多様な学びの場のことを考えたい人向け>


「フリースクール・オルタナティブスクールとはなにか」(13:00~14:30)

 学校以外にも様々な教育の場があります。ここでは様々な多様な教育を実践している人達に、それぞれの実践や教育の理念をお話しいただきます。「こんな教育もあるんだ!」と、少しでも広く知っていただければ幸いです。


「ワークショップ『こんな教育の場で働きたい!』」(14:45~16:00)

 学びの形は一つじゃない。人の数だけ教育の形があります。それぞれが思い描く「理想の教育」を出し合い、「こんな教育の場で働きたい」「こんな学校なら通いたい!」と思えるものを、考え合っていきましょう。



■ 登校拒否・不登校を考える夏の全国大会 とは ■



 NPO法人登校拒否・不登校を考える全国ネットワークが主催で、1990年より毎年全国各地で行われている大会です。不登校の子どもをもつ保護者、全国の親の会の世話人、不登校の子どもたちと関わるフリースクールスタッフ等が500~700人ほど集い、親睦を深め、講演会等で学び合う会です。不登校の子どもたち同士が出会い、楽しみ合う「全国子ども合宿」も同時開催されます。

 関西での大会開催は、実に19年ぶりのこと。ぜひともこの機会に不登校についてより深く理解し、親の会同士、フリースクール同士が知り合い、交流し、楽しみ合える場になればと思います。


 ぜひ! 足をお運びください。皆さまとお会いできることを楽しみにしております。

前の記事へ 次の記事へ

jka_newbanner1.gif

JKA助成で次の報告書冊子を作りました


PDFファイルを閲覧するには
アドビリーダーが必要となります。

ダウンロードはこちらから
get Adobe Reader