【公開企画】自己否定感と向き合って~不登校当事者によるシンポジウム

「学校に行くことが当たり前」「みんなと同じようにすることがよいこと」と思われている今の日本社会では、学校に行けない・行かない、働くことが苦手という場合、自分がダメな人間だと思い込み、多くの子ども・若者達が自分自身の存在を否定してしまいます。

しかし、本来一人ひとり、自分の有り様で生きていく権利を持っています。何が、自己否定感を強くしてしまうのか、また、まわりのどのような対応が自己否定感につながっていくのでしょうか。

そのようなことを考えていきたいと思い、下記のように不登校を経験した当事者のシンポジウムを開催いたします。 

どうぞお越しください。

また、シンポジウム終了後、ご希望の方には個人相談を受ける時間も設けてあります。そちらもぜひご利用ください。

 

日時●2016年3月27日(日) 午前10時

会場●東京シューレ シューレ大学

 東京都新宿区若松町28-27

 都営地下鉄大江戸線「若松河田」駅

 若松口より徒歩5分

内容●シンポジウム

    終了後 個人相談(ご希望の方)

参加費●1000円

 座席・資料のご用意をさせていただきますので、できるだけ事前にお申し込みください。

===================

お申込★事前に、以下の内容を、メール info@futoko-net.org 宛てに送信してください。

参加者氏名 (        )

ふりがな(       )

お立場・ご所属など(        )

ご住所(          )

お電話番号(         )

メールアドレス(            )

※お預かりした個人情報は、特定非営利活動法人登校拒否・不登校を考える全国ネットワークがお預かりし、今回のイベントのご案内のほか、今後のイベントご案内など情報提供に活用いたします。

==================

主催団体紹介

特定非営利活動法人(NPO法人)登校拒否・不登校を考える全国ネットワークについて

不登校の子どもや親の当事者から立ち上がった全国の不登校の親の会が居場所がつながって、1989年から活動し、今年で25周年を迎える全国組織です。

現在、全国で70近くの団体が加盟しています。参加しているそれぞれの会は、規模も歴史も様々ですが、それぞれの子どもを一人の人間として尊重し、当事者の子どもから学ぶことを大切にしてきました。

不登校について理解を深め、支え合い、経験を共有すること、世間の偏見や誤解を変え、いろいろな育ち方・生き方が気持ちよく出来る社会にしていくことを目指してきました。

これからもつながりあいながら、不登校の子どもや親を支えると共に、子どもが安心して育つために必要な活動を進めていきたいと考えています。

==================

〒114-0021

東京都北区岸町1-9-19

電話03-3906-5614

FAX03-3906-5614

メール info@futoko-net.org

 

前の記事へ 次の記事へ


 

jka_newbanner1.gif

JKA助成で次の報告書冊子を作りました


PDFファイルを閲覧するには
アドビリーダーが必要となります。

ダウンロードはこちらから
get Adobe Reader