3月25日(日)堂本暁子さん講演会『不登校を考える公開企画』

 半世紀50年間、教育・不登校の問題に向き合ってこられた元TBS記者・元千葉県知事の堂本暁子さんをお招きして、お話をうかがう公開講座です。どうぞご参加ください。

お申込ページ 
外部サイト「こくちーず」https://ssl.kokucheese.com/event/entry/508874/よりお申し込みください)

s_doumoto0325.png■案内ちらしPDF■domoto180325.pdf

●2018年3月25日(日) 午後1時30分~3時

●東京シューレシューレ大学
(都営地下鉄大江戸線「若松河田」駅 東京都新宿区若松町27-28)

●参加費:1000円(当日お支払い)
※会場が定員を超えましたら、事前お申込みの方を優先いたします

■主催
特定非営利活動法人 登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク


堂本暁子さん「不登校新聞」50年プロジェクトインタビュー→ 
https://futoko.publishers.fm/article/15558/

 「登校拒否」の言葉を当時の文部省が使い始めてから約50年。その頃、文部省の記者クラブにおられたのが今回お招きする堂本暁子さんです。

 TBSの記者として、教育・子育て関連をはじめとして精力的に取材活動をされて,数々の賞を受賞されています。

 親の会が各地に生まれ始める80年代には、学校に行かない子どもたちが意に反して入れられていた病院・施設への入院入所の実態を取材、そしてわたしたちの全国ネットワークが誕生した90年代には国会議員としてフリースクールに通う個の通学定期適用などのご尽力されてきました。その後千葉県知事となり、市民協働型で不登校の子どもたちのための施策を進めてこられました。

 今回は、堂本さんをお招きして、不登校と歩まれてきた50年の歴史から見えてくるものを語っていただきます。今まさに不登校と向き合っている親の方、大人の方々にも,多くのヒントがあると思います。どうぞご参加下さい。

前の記事へ 次の記事へ


 

jka_newbanner1.gif

JKA助成で次の報告書冊子を作りました


PDFファイルを閲覧するには
アドビリーダーが必要となります。

ダウンロードはこちらから
get Adobe Reader