高校から不登校

全国ネットに加盟する親の会や居場所を通して寄せられた、不登校経験者の「不登校のその後」を含めたプロフィールをまとめています。親の会につながった親たちの背後には当然ですが、同じ数以上に子ども達が存在しています。その不登校をした子ども達はどの様な人生を作っているのでしょうか。それを知りたいと思い、プロフィールを集めてみました。

簿記の専門学校へ入学
  • 生まれ:1988年(21才)
  • 女性
  • 地域:埼玉県
  • 記入者:世話人
中学卒業後、美術系のコースのある高校に進学したが、高3の時に退学。フリースクールに通いながら、残りの単位を通信制高校で取得。卒業後、簿記の専門学校に入学。2009年3月で卒業予定。
フリースクールの運営に関わる
  • 生まれ:1979年(29才)
  • 女性
  • 地域:埼玉県
  • 記入者:本人
高校2年の5月に学校を休み出す。幸いゆるやかな高校だったので、課題とレポートで勉強は続ける。11月に地元のフリースクールに参加し、高校生活は自宅と週1回居場所で過ごし、ぎりぎりで高校を卒業する。卒業後、文系の専門学校に9ヶ月通うが、中退。その後いろいろなバイトを転々とし、2年後夜間の短大へ入学し、卒業。その後は父親の友人の会社に就職が決まっていたが、社風が合わず退社。後はバイト、派遣を2年ほど転々とし、ようやく条件が合う事務派遣の仕事に就き、4年勤務したが、2009年1月に体調を崩し、3月に退社。現在療養中。なお地元の居場所にはずっと関わり続け、フリースクール化した際に、短大の勉強をするために、スクール生として入学。短大卒業後はフリースクールの母体のNPO法人のホームページの制作などのボランティアをしている。
趣味を活かし、フリースクールの講座を担当
  • 生まれ:1972年(37才)
  • 男性
  • 地域:埼玉県
  • 記入者:世話人
1988年、高2で不登校、中退、精神科に通院。何度か仕事をしたが、引きこもりがちな生活が続く。1993年ごろから親の会などに参加するようになって、不登校の子ども達の居場所の活動に興味を持つようになった。趣味の音楽を活かし、2005年より、フリースクールの音楽講座を担当。2008年までスタッフとして関わる。現在、体調を崩し療養中。
フリースクールを経て、単位制高校へ進学
  • 生まれ:1990年(19才)
  • 男性
  • 地域:埼玉県
  • 記入者:世話人
2006年、高校に入学するが、1年で不登校、中退そして、2008年3月までフリースクールりんごの木に通う。2007年公立の単位制高校に入学、現在3年生で元気に通学している。
フリースクールのスタッフになる
  • 生まれ:1970年(38才)
  • 女性
  • 地域:埼玉県
  • 記入者:本人
1986年4月私立高校に入学したが、中学でも一度登校拒否をしたこともあり、自分自身不登校の整理ができていなかった。そのため教師や大人への不信感などもあり、通学の電車に乗れなくなり、家からも出ることが一時できなくなる。留年か退学かの選択で高校を退学。1987年4月親の勧めでフリースクールに入会。1989年フリースクール退会。1988年12月に俳優のマネージメント事務所にアルバイトとして入りその後契約社員になる。1990年7月退職。同年8月よりフリースクールのスタッフとして働き、現在に至る。